上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで

脊髄損傷で手足が麻痺した患者の脳に微小な電極センサーを埋め込み、義手を操作させる実験が成功したらしいです。

研究チームが「信頼性の向上が今後の課題」と言っているそうなので実用化はまだまだ先でしょうが、全身機械化はもう全くの空想技術じゃないんだなあ、と思いました。
スポンサーサイト

コメント

義手をですかっ?!

すごいですね^^
六巻買いましたよ。
全身機械化、僕には少し抵抗がありますが、とても夢がありますよね><
僕もなんか現実での全身機械化を応援します。でも、どうやって……。(作者の先生に対して何言ってるんだろう?

コメントありがとうございます。今後ともよろしくです。

>全身機械化、僕には少し抵抗がありますが、とても夢がありますよね><

確かに全身となると本当に大丈夫か? って感じになりますが、義手や義足が生身と同じような性能を持ったら便利だろうなあ、とは思います。

しかし、そういう人ってスポーツのルール的にはどう扱うんですかね。下手すれば生身の人間よりずっと強くなれそうです。ドーピングなんかより確実に。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suiteisakka.blog72.fc2.com/tb.php/9-7954a7a7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。